国内の運転免許証

運転免許とは一定の技術が必要な乗り物の運転に必要な免許です。
現在、運転免許と言えば、大抵の場合は自動車の運転免許を指しています。
運転免許は免許習得の為に試験を受け、その試験により安全に運転できると判断された人に付与されます。

各国の運転免許に関する制度はそれぞれですので、ここでは日本国内における運転免許についてお話します。
日本における運転免許は国家資格であり、公文書となっています、そこで単に運転免許と言うだけでなく、運転免許証とも言えます。

運転免許証は保有者も多く、一般的な身分証明書としても多くの人に利用されています。
そして、平成二十一年から運転免許証はICカード化されました、防犯のため本籍欄が空欄となっています。

運転免許証の取得方法は、運転免許試験場で適性試験、技能試験、学科試験を受ける必要があります。
他にも指定自動車教習所に入学し、教習を受けて卒業検定に合格するという方法がありますが、現在はこちらの方法で運転免許証を取得するのが一般的となっています。

指定でない自動車教習所に入学した場合は、運転免許試験場で路上練習や技能試験受ける必要があります。

道路交通法が適用されている道路においては、自動車や原動機付自転車を運転するには必ず運転免許証が必要です、運転免許証を取得していない人が道路で自動車や原動機付自転車を運転した場合、道路交通法違反となり刑事処分と行政処分になります。
処分を受けますと、罰金や免許取り消し扱いなど、軽いとは言えない処分が待っており、原付の免許を持っている場合は取り消しになります。


■推薦外部リンク
運転免許をお得に早く取ることが出来る合宿免許の情報を紹介しているサイトです → 合宿免許